アメリカの早期起業家教育事情

最近よく質問される。

「そもそも他の国ではどんな早期起業家教育が行われているのですか?」

色々な国のがあるが今日はアメリカの様子を紹介したい。


創業前の1990年代の終わり、シカゴにある「アントレプレナーシップ」を涵養する施設を見学した。

その後、何度か足を運び、現地の様子を視察。

子供向けに体系的な「起業家教育」を開始されたのは1945年頃とのことだった。


詳細はこちらから↓



最新記事

すべて表示

第14回「未来に向けて、次のステップの日本型早期起業家教育を開発しよう!」

30年前、1991年、湾岸戦争があり、ソ連邦が崩壊し、そして日本のバブル経済が崩壊した。 大学生はもちろん、若いママ・パパ達にとっても、もはや教科書でならった「歴史」だ。 世界が大きく、早く、激しく変化していく。 教育にも変化の波が押し寄せた。 そして2000年「総合的時間の学習」が導入された。 総合的学習の時間に「経済・お金」の教育が登場するには、もう少しの時間を要した。 続きはこちらから↓

第13回 「中東に渡った早期起業家教育」

「子供がお釣りの計算がわからない」と、相談を受けた。 それはそうだろう、と思った。 そもそも「現金」で買い物をするチャンスが激減しているのだ。 「ピッ!」となったら、支払い完了。 それを「学力の低下」と騒ぎ、嘆くまえに、ちょっと一息つこう。 続きはこちらから↓

第12回「生きる力」を育てる早期起業家教育

過去2回でアメリカやフィンランドにおける早期起業家教育の話をした。 歴史やそれぞれの背景によって早期起業家教育の導入の目的や手法は様々だ。 今日は、中東の国、サウジアラビアの早期起業家教育の話をしたい。 まずは出会いの話から。 初めて、サウジアラビアを訪れたのは、2001年のアメリカ・ニューヨークでの信じられない出来事であった9.11テロ事件からわずかにあとだった。 続きはこちらから↓