アメリカの早期起業家教育事情

最近よく質問される。

「そもそも他の国ではどんな早期起業家教育が行われているのですか?」

色々な国のがあるが今日はアメリカの様子を紹介したい。


創業前の1990年代の終わり、シカゴにある「アントレプレナーシップ」を涵養する施設を見学した。

その後、何度か足を運び、現地の様子を視察。

子供向けに体系的な「起業家教育」を開始されたのは1945年頃とのことだった。


詳細はこちらから↓



最新記事

すべて表示

角川アスキー研究所さんのセミナーに参加。 刺激を受け、そして多くを考えた。 皆さんは、「街づくり」から何を想像するだろうか? 2拠点居住も珍しくない時代。 また、旅をしながらのワーケーションも身近になった。 「街」の概念も多様な意味を持つようになった。 「スマートシティ」について学んだことの中から2点をシェア。 ゲストは、自動車評論家・環境ジャーナリストの川端由美さん。 聞き手は、角川アスキー研

2022年が始まった。 2020年から私たちを取り巻く環境が大きく変わった。 というより、変わらざるを得なかった。 地球が私たち人間に考え直すチャンスをくれたのかもしれない。 今年の目標。 誰でも、月に100円で早期起業家教育にアクセスできる仕組みをリリース 誰もが、早期起業家教育を教えられる仕組みをリリース 2020年から、ずっとトライ&エラーして、試行錯誤したことを可視化する。 そして、もう一