アメリカの早期起業家教育事情

最近よく質問される。

「そもそも他の国ではどんな早期起業家教育が行われているのですか?」

色々な国のがあるが今日はアメリカの様子を紹介したい。


創業前の1990年代の終わり、シカゴにある「アントレプレナーシップ」を涵養する施設を見学した。

その後、何度か足を運び、現地の様子を視察。

子供向けに体系的な「起業家教育」を開始されたのは1945年頃とのことだった。


詳細はこちらから↓



最新記事

すべて表示

No.29 親子で「会社」にチャレンジ!

どんな職業につくにも必要な「アントレプレナーシップ」を涵養する「早期起業家教育」 「自分で考え、自分で行動できる子供」 「将来の環境が変わっても、動じない生きる力を持った子供」 「早期起業家教育」をブレなく継続しながら、この次のステップが見たくなった。 前回の記事でも紹介したとおり プログラムが終わった後の子供達のアンケートには明らかに変化がある。 「自分で会社にトライしたい。」 「新しいサービス

No.28 「日本の教育、海を渡る」 ~アントレプレナーシップは全てのベース~

「すごい!すごいな~、子供達!!」 多くの声が届く。 早期起業家教育の大切さは理解しました。 非認知能力の大切さも理解しました。 なぜ、子供の時期から実施するかも理解しました。 共感や理解が深まり、ありがたい限り。 しかし、最近「その先にある素敵な世界」がみえる。 この夏、多くの子供達と一緒に学んだ。 「こんな会社を作りたい!」 「新しい技術を開発したい!」 「この商品はまだ世の中にないの?」 「