第14回「未来に向けて、次のステップの日本型早期起業家教育を開発しよう!」

30年前、1991年、湾岸戦争があり、ソ連邦が崩壊し、そして日本のバブル経済が崩壊した。


大学生はもちろん、若いママ・パパ達にとっても、もはや教科書でならった「歴史」だ。


世界が大きく、早く、激しく変化していく。


教育にも変化の波が押し寄せた。


そして2000年「総合的時間の学習」が導入された。


総合的学習の時間に「経済・お金」の教育が登場するには、もう少しの時間を要した。


続きはこちらから↓


最新記事

すべて表示

角川アスキー研究所さんのセミナーに参加。 刺激を受け、そして多くを考えた。 皆さんは、「街づくり」から何を想像するだろうか? 2拠点居住も珍しくない時代。 また、旅をしながらのワーケーションも身近になった。 「街」の概念も多様な意味を持つようになった。 「スマートシティ」について学んだことの中から2点をシェア。 ゲストは、自動車評論家・環境ジャーナリストの川端由美さん。 聞き手は、角川アスキー研

2022年が始まった。 2020年から私たちを取り巻く環境が大きく変わった。 というより、変わらざるを得なかった。 地球が私たち人間に考え直すチャンスをくれたのかもしれない。 今年の目標。 誰でも、月に100円で早期起業家教育にアクセスできる仕組みをリリース 誰もが、早期起業家教育を教えられる仕組みをリリース 2020年から、ずっとトライ&エラーして、試行錯誤したことを可視化する。 そして、もう一