第15回 「早期起業家教育」は「起業の方法を教える教育?」

大学生に向けた講義の前に、「起業家教育」からイメージするものは?という質問をしたら、多くの回答を返してくれた。


「早期=子供からの」がついていなかったからだろうか。

「起業家教育」から受ける印象は「会社の作り方、起業の方法」を学ぶ講義という回答が殆どで、「アントレプレナーシップ」に言及する答えは皆無だった。


続きはこちら↓



最新記事

すべて表示

第20回「お給料はどこから来るの?」

住居のサブスクから、ハイテク農業、医療、はたまた宇宙を目指し、と若い起業家の活躍が加速。 そして活躍の場はボーダレスだ。ビジネスの形も決まりはない。 清流が流れ、広がり、大海原にでていくように、日々その形は自由自在。 そんなある日、早期起業家教育に参加希望の子どもから質問。 「お給料はどこからくるの?」 続きはこちら↓

第19回 「生まれてきたこと自体が奇跡的で尊いこと」 97歳の薬剤師さんが教えてくれたこと

夏本番になった。 学校のプールから髪を濡らしたまま嬉しそうに帰ってくる子供達とすれ違う季節、そんなイメージ。 その光景に出会えるにはもう少し待たなくてはならない。 来年の夏こそは!という希望を持ち続けよう。 さて、お世話になっているE先生から1通のメールが届いた。 東京都板橋区内の薬局に97歳の今でも現役でお仕事をしている薬剤師の比留間栄子さんという方のエピソード。 続きはこちら↓

第18回 なぜ早期起業家教育では「会社を作ろう」にチャレンジするの?

宇宙旅行が実現した! 宇宙旅行、自動運転、ミドリムシで飛行機が飛ぶ。毎日、毎日、ワクワクが駆け巡る。 子ども達も新しいテクノロジーを学び、多くの学びを得て、選択肢はどんどん広がる。 そんな影響もあるのか、SelfWing Methodの「会社を作くろう!」というプログラムについて、いくつかの同じ質問を受ける。 「なぜ今、銀行でお金借りて、仕入れして、製造して、販売する」という古いビジネスモデルを実