第16回 早期起業家教育で「Leaning Shift」を実現しよう!

毎日、予想もしなかったニュースが・情報が世界を駆け巡る。 考えてみると。日々接している子供達にとっては生まれた時から、そのような状況が日常なのだ。


もの心ついた時から、情報は、「早く」「安く」そして「大量」にやってくる。 そして、学びや環境も目まぐるしく変化し、多くの情報により、選択肢が変化し増える。

続きはこちら↓


最新記事

すべて表示

No.32 「子供の才能発掘者は家族、そして世界!」 子供達の才能を発掘しよう!

音楽好きの方なら日系アメリカ人のスティーヴ・アオキ氏をご存じかもしれない。 彼のアメリカでの大活躍はさておき、彼が購入した「8歳の画家」の絵に世界が驚いた。 8歳のNFTアーティストが夏休みの宿題で、「NFTアート」取り組んだ。 彼は自分の大好きな世界観を表現し、動物等を描いた。 NFTとは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、ブロックチェーン技術を使ったデジタル資

No.31 「早期起業家教育」で徹底して「起業」を教える時代の到来?!

「早期起業家教育」の対象は小学生から。検証開始したのは90年代。 時代は、「総合的な学習」はどのように実施するべきか、などの議論が終盤にさしかかっていた頃。 イギリス、アメリカ、フィンランドなど「アントレプレナーシップ教育」を「子供=早期」から導入している国を調べ、出来る限り体感した。 何故、「早期」から実践しているのだろう? 70年以上も前から実施しているとの事例もあり、今、その国はどうなってい

No.30 「 受験やキャリア選択に大きな可能性!」

受験が単なる「暗記力」を測るものではなくなって久しい。 「終身雇用」という概念ももはや過去のもの。 少し前に「45歳定年制」が一部で提起され議論を呼んだことは記憶に新しい。 「受験(学校選択)とキャリア選択」両方に共通点があるとしたら何だろう。 少し考えてみた。 中学受験の問題集も「勉強」してみた。 私たちが早期起業家教育で目指す「学びの効果」と受験や就職の際に問われる資質に多くの共通点があった。