第19回 「生まれてきたこと自体が奇跡的で尊いこと」 97歳の薬剤師さんが教えてくれたこと

夏本番になった。

学校のプールから髪を濡らしたまま嬉しそうに帰ってくる子供達とすれ違う季節、そんなイメージ。


その光景に出会えるにはもう少し待たなくてはならない。

来年の夏こそは!という希望を持ち続けよう。


さて、お世話になっているE先生から1通のメールが届いた。

東京都板橋区内の薬局に97歳の今でも現役でお仕事をしている薬剤師の比留間栄子さんという方のエピソード。


続きはこちら↓



最新記事

すべて表示

No.39「誰もが望む教育にアクセスできるために」~教育で未来を切り拓こう~

どんな方法があるか、広くお知恵を拝借したい。 先日、行政の方や教育委員会の方に公教育の「教材費」の現状を教えてもらった。 もちろん地域によって予算は大きく異なる。 その地域では、各家庭が月額で負担する教育関連費は以下の通り。 給食費が約5000円 「教材費が一人あたり約800円程度」 この800円で主要教科の関連教材はもちろん、給食の三角巾なども全て含んでの「教材費」。 その金額も負担できない家