No.27 「日本の教育、海を渡る」 ~アントレプレナーシップ~は全てのベース~

「決算が全て予定どおり、それって良い事?」 ~利益はでたけれど・・・~


新学期が始まったのも束の間。

V-KIDS達を待っていたもの。 そう「決算」だ。


決算は、「事業計画通り」だった。 利益も出た。 一人当たり利益も確定した。


初めてのビジネスにドキドキだった。 売れ残ったらどうしよう。赤字になったらどうしよう。 そんな不安をよそに、全ての会社が黒字だった。


でも、一つ疑問が。

店舗とオンラインショップでの販売期間は7日間。 全ての商品が初日に「完売」してしまったのだ。


残りの6日間には、「もう買えないのですか?」と多くの問い合わせ。 大人の世界では「完全な機会損失」だ。

これを「良い失敗」と呼ぼう。 「次はどうしたらもっと良くなるかな?」 大事な会議が始まった。



「どうしてこんなに早く売り切れたのだろう?」 「調査での計算をまちがえたかな?」

子供達の「会議」は続く。

「宣伝がとても良かったから早く売れたのでは?」 「いつもと違うお客様まで、買ってくれたのでは?」 「うちのおばあちゃんも買ったらしい・・・」(笑) など、段々理由もわかってきた。


今回、「クリエーター会社」のポスター・動画の制作、on-lineショップ、店舗での販促強化(笑)も秀逸だった。 街の人達の暖かい応援もあった。


最後は、「稼いだお金をどうつかう?」を考える。 自分達が良いビジネスをしてお金を稼ぐと、自分も家族も世の中も良くなることも考えた。



「次にもっと良くするためには!」 V-KIDS達のチャレンジは続く。

―――――――――――――――――――――――――――――――――― ~子供たちから多くの気づきをもらえる早期起業家教育・Selfiwing V-KIDSプログラム~ ご興味がある方は是非ご連絡を!

9月18日、19日は、都内の小学生、中学生が大集合!みんなでチャレンジしてみよう! アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム (kigyouka-kyouiku.tokyo) ――――――――――――――――――――――――――――――――――

*当プロジェクトのプログラムは、株式会社セルフウイングが開発・提供しています。

◾︎Facebookページ :https://www.facebook.com/SelfWing/

◾︎Twitter :https://twitter.com/SelfWing_VKIDS

◾︎note :https://note.com/dr_yukiko

︎◾株式会社セルフウイング WEBサイト :https://www.selfwing.co.jp/

◾SELFWING V-GARDEN Facebookページ:https://www.facebook.com/selfwingvgarden

◾SELFWING V-KIDS 幼稚園 Facebookページ:https://www.facebook.com/mamnonvkids

◾SELFWING V-KIDS 幼稚園 Youtube チャンネル:https://www.youtube.com/c/SelfwingVKidsKindergarten/videos

最新記事

すべて表示

No.29 親子で「会社」にチャレンジ!

どんな職業につくにも必要な「アントレプレナーシップ」を涵養する「早期起業家教育」 「自分で考え、自分で行動できる子供」 「将来の環境が変わっても、動じない生きる力を持った子供」 「早期起業家教育」をブレなく継続しながら、この次のステップが見たくなった。 前回の記事でも紹介したとおり プログラムが終わった後の子供達のアンケートには明らかに変化がある。 「自分で会社にトライしたい。」 「新しいサービス

No.28 「日本の教育、海を渡る」 ~アントレプレナーシップは全てのベース~

「すごい!すごいな~、子供達!!」 多くの声が届く。 早期起業家教育の大切さは理解しました。 非認知能力の大切さも理解しました。 なぜ、子供の時期から実施するかも理解しました。 共感や理解が深まり、ありがたい限り。 しかし、最近「その先にある素敵な世界」がみえる。 この夏、多くの子供達と一緒に学んだ。 「こんな会社を作りたい!」 「新しい技術を開発したい!」 「この商品はまだ世の中にないの?」 「

No.26 「学び」そして「その先へ」!~本当のビジネスにチャレンジ~

8月最終の週末。 20人の募集に100人を超える希望者。 公平に選抜された小中学生が集結。 今回のプログラムも10時~18時という長丁場。 その中で新たなアクションが産まれた。 それも子供達の議論から自然発生的に沸き上がった。 早期起業家教育は、「どんな職業につくにも必要な力」を涵養する学び。 そこにブレは全くない。 ただ、子供達がその考えを大きく飛び越えた。 多くの「ビジネスモデル」の議論が始