No. 35 「種子島の子供たちが見る未来」 ~宇宙に一番近い島!?~

2020年1月以来1年10か月ぶりの出張、そして空港。 その間、リモートで沢山の子供達と一緒に色々なプログラムに挑戦した。 リモートなので、北海道から沖縄まではもちろん、海外の子供達とも切磋琢磨できたね。 緊急事態があけて、今度は私が子供達のところに出かけていけることに。

羽田から鹿児島空港を経由して、種子島へ到着。 ここで、元気な種子島kidsとのプログラムが始まった。

今回の課題は「種子島をPRできるグッズを開発すること」 種子島というと何を想像するだろう。歴史的には「鉄砲伝来」だろうか。 子供達が「マーケティング」をする。 誰に買ってもらうのか? いくつ販売するべきか? 価格は? 利益は? 材料は?

ビジネスには色々な方法があるが、私たち「9歳からの起業家教育」はまず基本中の基本から始める。 つまり、材料・原料を自分達の知恵で、どのくらい「付加価値」をつけられるのか? その付加価値が、利益となる。

資金の調達方法にも色々な方法がある。融資、投資、クラファンから多岐にわたる。 私たちが大事にするのは、マーケティングに基づき、しっかりと計画をたて、計算する。 そして何より、「ホンモノ」相手に、堂々とプレゼンすることだ。

大人と同じ様に頑張って、事業資金を手にした彼ら、彼女達が「種子島らしい」と選択したものは。 鉄砲、刃物、焼き元、豊かな海、多くの歴史や自然に囲まれた島の子供達が 見ていたもの。 「宇宙」「ロケット」など「未来」に繋がる商品企画だった。

周囲の大人のコメント。 「あまりに難しいので、途中でやめてしまう子供がでるかと思った・・」 「自分達自身が勉強になった」 「本当に大人と同じことができるんですね!」

赤字になってしまった会社もあった。 しかし、しっかりと「振り返り」をして、「次はどうするべきか対策をたてた」

子供には子供用のプログラム? とんでもない!

島の子供達は、困難でも「やり抜き」、難しい計算も「協力し」、失敗しても「立ち直った」。

子供にこそホンモノを! この島には確実に新しい「芽」が育っていた。 ――――――――――――――――――――――――――――――― ~子供達と一緒に新しい価値を創出しよう~ 家庭で、地域で、学校で!大募集!  学童で、塾で! 子供達と一緒に起業家精神を学びたい人、子供達のメンター、サポーターになりたい人を大募集! ご興味がある方は、https://www.selfwing.co.jp/のコンタクトフォームからご連絡くださいね。 *当プロジェクトのプログラムは、株式会社セルフウイングが開発・提供しています。 ◾︎Facebookページ :https://www.facebook.com/SelfWing/ ◾︎Twitter :https://twitter.com/SelfWing_VKIDS ◾︎note :https://note.com/dr_yukiko ︎◾株式会社セルフウイング WEBサイト :https://www.selfwing.co.jp/ ◾SELFWING V-GARDEN Facebookページ:https://www.facebook.com/selfwingvgarden ◾SELFWING V-KIDS 幼稚園 Facebookページ:https://www.facebook.com/mamnonvkids ◾SELFWING V-KIDS 幼稚園 Youtube チャンネル:https://www.youtube.com/c/SelfwingVKidsKindergarten/videos

最新記事

すべて表示

No.39「誰もが望む教育にアクセスできるために」~教育で未来を切り拓こう~

どんな方法があるか、広くお知恵を拝借したい。 先日、行政の方や教育委員会の方に公教育の「教材費」の現状を教えてもらった。 もちろん地域によって予算は大きく異なる。 その地域では、各家庭が月額で負担する教育関連費は以下の通り。 給食費が約5000円 「教材費が一人あたり約800円程度」 この800円で主要教科の関連教材はもちろん、給食の三角巾なども全て含んでの「教材費」。 その金額も負担できない家