No.37新潟・燕三条市で7人の「プチ社長」が誕生!

晴天に恵まれた日曜日の燕三条市。 技術の街、燕三条の将来の「社長候補」が7人集まった。

燕三条といえば、皆さんが思い浮かべるのは、優れた職人、技術、の街だろうか? この歴史ある市は、三条市96,000人、燕市78,000人が合併し、歴史と伝統を大事にしながら確実に将来の準備をしていた。

次世代を担う市内の小学生は、三条市4,800人、燕市3,800人。 プログラム作成と熱血指導は、姜 理恵先生。 プチ社長の会社の「社員」になってくれるのは、保護者、大学生、本物の社長もいる。 早期起業家教育に取り組まれている仲間のプログラムに参加させてもらえるのは、いつでも大きな気づきがあり、本当に有難い。

いよいよプログラムが始まる。 やる気満々の子、ちょっと不安そうな子、来たくなかったのに(笑)・・・という子。 小学生7人が勢ぞろい。

今日の課題は、「燕三条のお土産」を考えること。 簡単に聞こえるが、このアイデアを「マーケット」を視野にまとめるのはとても深い思考が必要。

このプログラムの特徴は、「プチ社長」を育成し、将来この地域を担ってもらうこと。 まずは自分達の地域の「お土産」になるもの、サービスは何か? 普段か子供たちが目にしているものを「社長」の観点から、再認識していく。 そして「大人の部下」のサポ―トを得て、大きく広がった思考を大きなポスターにまとめて行く。 2時間半のコンパクトなプログラムの中で、子供達が客観的に故郷を分析し、大きく思考を広げ、そして、形としてきちんと収束していく。

いつでも、どこでも、誰でも、継続的に受講できる場として、学童などでの導入も進む早期起業家教育。 これならより多くの子供達に受講の場が広がる可能性がある。

最後は、「やってみれば出来た!」という、自信と誇らしげな表情になり、姜先生から 「プチ社長の証明書」と、燕三条名物の「鉄饅頭」を貰い、満面の笑みで写真に納まった。 多くの新しい仲間が早期起業家教育の取り組みを始めている。

早期起業家教育で創業しました。創業したい、という若い仲間も増えている。 私の次のミッションは、こんな素敵な新しい仲間たちに貢献することかな。

すっかり暗くなった燕三条の駅で、新幹線を待ちながら多くの「お土産」を買いそんなことを想った。 良い、1日だった。感謝。

――――――――――――――――――――――――――――――― ~子供達と一緒に新しい価値を創出しよう~ 家庭で、地域で、学校で!大募集!学童で、塾で! 子供達と一緒に起業家精神を学びたい人、子供達のメンター、サポーターになりたい人を大募集! ご興味がある方は、https://www.selfwing.co.jp/のコンタクトフォームからご連絡くださいね。 *当プロジェクトのプログラムは、株式会社セルフウイングが開発・提供しています。 ◾︎Facebookページ :https://www.facebook.com/SelfWing/ ◾︎Twitter :https://twitter.com/SelfWing_VKIDS ◾︎note :https://note.com/dr_yukiko ︎◾株式会社セルフウイング WEBサイト :https://www.selfwing.co.jp/ ◾SELFWING V-GARDEN Facebookページ:https://www.facebook.com/selfwingvgarden ◾SELFWING V-KIDS 幼稚園 Facebookページ:https://www.facebook.com/mamnonvkids ◾SELFWING V-KIDS 幼稚園 Youtube チャンネル:https://www.youtube.com/c/SelfwingVKidsKindergarten/videos

最新記事

すべて表示

No.39「誰もが望む教育にアクセスできるために」~教育で未来を切り拓こう~

どんな方法があるか、広くお知恵を拝借したい。 先日、行政の方や教育委員会の方に公教育の「教材費」の現状を教えてもらった。 もちろん地域によって予算は大きく異なる。 その地域では、各家庭が月額で負担する教育関連費は以下の通り。 給食費が約5000円 「教材費が一人あたり約800円程度」 この800円で主要教科の関連教材はもちろん、給食の三角巾なども全て含んでの「教材費」。 その金額も負担できない家